読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国のキモータ事情

 先日、研究発表なる名目で中国に行ってきた。

 で、発表*1はともかくとして中国のキモータ文化が色々と知れたので、覚えているうちに書いておく。*2

 

・bilibili

 飲み会時にM1の学生が「イェーイジャパニーズボーイ!『俺妹*3』って知ってる!?Moe!Moe!」的なノリで唐突に絡んできた。

「おっ!この感じスゲー厄介オタクじゃん!この感じグローバルスタンダード!」なる妙な感慨もありつつ、会話しているうち、中国のキモータ系学生はだいたいbilibiliで日本のアニメを見ていると知った。

bilibiliはニコニコの転載サイトみたいなもので、ひまわり動画的なアレである。

中国ではニコニコを始め、日本のネットサーファーが巡回しているサイトは軒並みアクセス禁止になっているので、bilibiliのような中国国内向けの動画サイトが人気らしい。*4

 そこで教えを受けてbilibiliに登録した結果わかったのだけど、これが一昔前のニコニコまんまである。

f:id:ourfool:20140814034103p:plain

 

動画プレイヤーはニコニコよりぬるぬる動く。

f:id:ourfool:20140814034306p:plain

 

その上新作アニメは中国語字幕で見れるらしい、謎の至れり尽くせりである(ただし有料会員に限られるとのこと)。

f:id:ourfool:20140814033642p:plain

 

いずれにしろ、日本のニコ厨系キモータ文化教養は予想を遥かに超えて浸透していたようで、驚くことも多かった。

流行り*5なんかも聞いてみたところ、

・東方とデートアライブ(狂三)の人気が凄い

・当たり前だけど淫夢は面白さがわからない(動画は多いが知名度低)

・一方でパンツレスリングは有名、というか『風評被害』とかがそのまま通じるレベル

という感じだった。オタクはホモ、はっきりわかんだね。

 

・GAMEZONE

 後日帰国するときに、おみやげとして香港のゲーム雑誌を頂いたので、それも紹介しておく。

こちらも日本の雑誌とほとんど変わらない。

 

表紙。ロゴとかは普通に日本語の場合が多い。

f:id:ourfool:20140814225608j:plain

 

なんか都市伝説的なページでツミ子が出てたので。

f:id:ourfool:20140814225619j:plain

 

 ACG香港の特集。

f:id:ourfool:20140814225614j:plain

 

Facebookの反応をまとめたページ、厄介オタクが特集されている。

ちなみにこの雑誌、全体的に艦これ推しがすごい。

f:id:ourfool:20140814225624j:plain

 

 ピンナップはグラスリップ(驚愕)と大和さん。

f:id:ourfool:20140814225631j:plain

 

「晴れがましいですね」とかわかるんだろうか・・・

f:id:ourfool:20140814225634j:plain

 

駆逐艦の特集。香港の雑誌で日本の駆逐艦戦没が悲劇的に扱われてるあたり、マジで意味がわからない。

f:id:ourfool:20140814225640j:plain

 

同人誌即売会らしい。

f:id:ourfool:20140814225646j:plain

 

藍井エイル、ACG香港の記事。

f:id:ourfool:20140814225701j:plain

 

ボカロに至っては固定コーナーがある。

ガルデモが居るのは光収容氏の特集が書かれているため。

香港からはニコニコが観れるので、urlなんかも載ってる。

f:id:ourfool:20140814225708j:plain

*1:死んだ。

*2:ただし、絡んだのは全員清華大学Tsinghua University)の大学院生、しかも専攻は電気電子、とかいう滅茶苦茶偏った人種ではある。

*3:中国でもこの表記だった。

*4:アク禁を潜り抜けるgeekな方は結構居るらしい。

*5:もはや単に会話した学生の好みかもしれない。