「幼女」

大島弓子『綿の国星』

『綿の国星』を一通り読んだ後残ったのは、屈折というか、屈託というか、その種のもやもやとしたかんじで、それは悲しかった。 第1作の「綿の国星」で、チビ猫はゆらいでいた。人間と猫とのあいだでゆらぐ半人間だった。あるいは、等身大の自分と向き合いゆ…